母乳で子育てをする

 

母乳のすすめ

赤ちゃんが生まれたら母乳で子育てをしたいという方が多くいらっしゃいます。しかし母乳がでないお母さんもいますし、すぐに働かなくてはならないお母さんもいるのが現実です。もし幸い母乳がでて、母乳で育てる環境が整っているのならば母乳で育てるのが赤ちゃんにとってもお母さんにとっても良いことだと言えます。 出産してから一週間後あたりにでる初乳にはタンパク質や脂肪が含まれており、新生児に必要な免疫力や殺菌力に効果的な分泌型免疫ブログリンAやラクトフェリンなども含まれています。初乳は黄色く粘性であるのが特徴です。できることならば初乳は生まれた赤ちゃんに是非与えてあげましょう。

赤ちゃんはお腹が空いたら時間も場所も選ばずに泣くものです。外出先でお腹をすかせてしまったら大変です。粉ミルクならば人前でミルクを飲ませることができますが、母乳の場合はそうもいきません。外出するときには授乳できる場所の確認をしたり、赤ちゃんの空腹時以外に外出するなど対策を考えて行動するようにしましょう。最近で授乳できる場所も増えてきましたし、授乳ケープなども販売されていますので、外出先でも赤ちゃんに授乳することができるようになっています。

栄養面のことを考えますと、赤ちゃんはお母さんから栄養をもらうのでお母さんは食事のバランスを考慮しながら食事をとりましょう。 母乳で子育てをすることは、赤ちゃんにとってもお母さんにとってもメリットがたくさんあります。出産前でまだ迷っているのならば是非母乳で育てることをおすすめします。

○特選サイト
母乳で子育てをする母親の為に配合されたハーブティーの通販サイトです >>> 母乳用ハーブティー

母乳の子育てのメリット

母乳で子供を育てることは母親の喜びでもあります。赤ちゃんと母親が密着しますので赤ちゃんには安心しておっぱいを飲めますし、母親は子供を愛おしく想う気持ちが強くなります。 母乳で育児をすることにはメリットがたくさんあります。お母さんは出産したからといって・・・

母乳をあげるためには

赤ちゃんは母乳から栄養をもらうので、お母さんの食事はとても大事ですよね。 お母さんは和食を中心とした栄養バランスが整っている食事を心がけましょう。乳製品を摂り過ぎるとおっぱいが詰まる原因になるので食べ過ぎないように注意し・・・